便秘と骨盤のゆがみの関係

4677f2ea873fe002138fc06e1f1b69dd_s

便秘を放置しておくと危険!

便秘でお困りの方はたくさんいます。
しかし、たかが便秘・・・と気にしていなかったり、便秘薬に頼りきりという人が多いのが現状です。

便秘は、ひどい場合は別として、病気のように非常に苦しいとか、特別に困った事態になるわけではありません。
そのため、便秘を自覚していても、どうにかしないと!と意識している方が少ないのです。

しかし、便秘を放置しておくということは、体内に不要なものを溜めこんでいることですので、これが体に良いわけがありません。
大腸がんを引き起こしたり、代謝が悪くなり太りやすくなるなど危惧すべきことがたくさんあります。

まずは、なぜ便秘になっているのか?そして便秘を解消するためにできることを考えていきましょう。

骨盤のゆがみが便秘につながる!?

便秘は、食事バランスが悪い、運動不足などがよく原因に挙げられますがそれだけではありません。
骨盤のゆがみが原因で便秘になっている方もたくさんいるのです。

骨盤がゆがんでいると、腸が圧迫され、スムーズな動きができなくなってしまいます。
その結果、便を出す筋肉も衰え便秘になってしまうのです。

骨盤がゆがんでいるかどうか、直接目で確認することは難しいですが、日本人の多くの女性が骨盤が多少なりともゆがんでいると言われています。
骨盤のゆがみを矯正することで、便秘解消ができ、さらには代謝が良くなり痩せやすく太りにくい体も手に入る・・・とメリットがたくさんあります。
ぜひとも骨盤のゆがみ矯正を実行していきましょう。

骨盤ガードルで便秘解消を!

では、どのような方法で骨盤のゆがみを矯正できるのでしょうか。
骨盤矯正方法には色々ありますが、大切なのは継続していくことです。

矯正を続けていかないと、せっかく治ったゆがみがまた戻ってしまうのです。
継続しやすい方法を選ぶということが大切になります。

お勧めの方法は、骨盤ガードルの使用です。
履くだけという簡単な方法ですので、無理なく継続できますし、自分で努力することもありません。
今まで便秘解消のために色々と手を尽くしてみたけれど、効果が出なかったという方も、骨盤ガードルの使用で便秘を解消できるかもしれません。
ぜひお試しください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ