帝王切開後に骨盤ガードルを履いても良いのか

bbabfb954962537388b480b91df3740a_s

出産後は骨盤矯正が大切

出産を機に骨盤がゆるんでしまったとお悩みの女性はたくさんいます。
出産の方法には自然分娩と帝王切開がありますが、自然分娩で出産した女性だけが骨盤が広がるわけではありません。

帝王切開での出産でもやはり骨盤が緩んでしまうことも多々あります。
どんな出産方法を選んだかにかかわらず、出産をしたあとは骨盤矯正!これが大切です。

帝王切開の骨盤矯正

しかし、自然分娩とは違い、帝王切開での出産の場合は手術の傷がある事を忘れてはいけません。
自然分娩ならば、退院後すぐに骨盤ガードルを履いて矯正することができますが、帝王切開はそういうわけにもいきません。
なぜなら、とにかく傷が痛むからです。

傷が痛いところに、引き締め効果の高い骨盤ガードルを履いたら・・・どうなるか想像できますよね。
傷がますます痛みますし、回復が遅くなるかもしれません。

帝王切開後は、まず母親の体が回復するのが一番ですので、出産したらすぐに骨盤ガードルを履く!というのは避けた方が良いでしょう。

ただし、冒頭でも述べたとおり、帝王切開でも骨盤は広がってしまいますので、順調に回復してきたら骨盤ガードルで矯正していくことが大切です。

状況をみながら骨盤ガードルの使用を

帝王切開の場合、骨盤ガードル使用の目安としては出産後2カ月~3カ月頃ですが、骨盤ガードルの種類によって差があります。
締め付けがソフトなタイプだと早い段階で使用可能ですし、逆に引き締め感が強いタイプは完全に傷が回復するまでは使用を避けた方が無難です。

ですので、骨盤ガードルを使い分けて、徐々に引き締めが強いものに変えていくというのもひとつの方法です。

出産後は早い時期から骨盤ガードルを使いましょう!という情報をよく目にするかもしれませんが、帝王切開の場合は、まずはご自身の傷を回復することが最優先という点を忘れないようにしましょう。

母乳をあげたり、適度なウォーキングなどでも徐々に骨盤のゆるみが解消されていきますので、状況に合わせて使用するタイミングを考えていきましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ