ショート丈の骨盤ガードルの選び方

28cddfaa2a5ef8f4539fec0bce1ee46c_s

ショート丈もチェックしてみよう

ひざ上まであるガードルだと、素材によっては夏場は暑くて仕方がないということもありますし、人によっては丈の長いガードルが苦手なこともあります。
そんなときに注目なのがショート丈の骨盤ガードルです。

短めのスカートやショートパンツを履くときなどは、ひざ上までの骨盤ガードルを履くことができないので、そういったときにはショート丈の骨盤ガードルも大活躍するでしょう。
ショート丈のものを選ぶときには、その骨盤ガードルがアウターに響きにくいかどうかもチェックしましょう。
薄手のもので、太ももの付け根部分がシームレスになっているような作りだと、アウターにも響きにくいためそれもひとつの目安にしてください。

ボトムスの色に合わせて選ぶ

ホワイト系などの透けやすい色味のボトムスをお持ちという方は、ベージュなどの透けにくい色味のショート丈骨盤ガードルを選ぶといいでしょう。

骨盤ガードルも下着の一種ですから、ベージュなどの色味も多く見つけられます。
ただベージュの下着は少し苦手という方もいるでしょう。

そういった場合にはブラックなどの色味のショート丈骨盤ガードルもおすすめです。

また洗い替えが必要になるものですから、ベージュ系だけで揃えたりブラック系だけで揃えたりするのももちろんいいですが、色違いで何枚か購入するのもいいでしょう。
そうやって色違いで揃えておくことで、ボトムスの色にも合わせやすくなります。

出産後の体型変化があった場合

ショート丈の骨盤ガードルでも、もちろんサイズ選びは大切な要素になります。
もし出産によって体型変化があったら、出産後のサイズでショート丈の骨盤ガードルを選んでください。

サイズ表記は、58、64といった場合もあれば、S、Mといった場合もあります。
サイズ展開は比較的豊富であることも多いので、自分の体型に合ったサイズを選んでいきましょう。
またひざ上丈の骨盤ガードルが苦手ではないのなら、そちらもチェックしてみることをおすすめします。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ