骨盤ガードルをしたまま運動するとどうなる?

6694c186222c3221b40fd00a82cc2596_s

骨盤ガードルと運動の組み合わせ

骨盤ガードルを着用したままの運動は、あまりおすすめできないでしょう。

着用感が窮屈でない骨盤ガードルもありますが、それでも運動をするために作られているものではないため、運動によっては動きにくさも感じるかもしれません。
また、骨盤ガードルの素材によっては運動による発汗で蒸れを感じることもあります。

ですから運動をするときには、その運動に合った動きやすい格好をすることが大切になるでしょう。
ただ、骨盤ガードルと運動を組み合わせるのは有効です。
骨盤ガードルに加え、骨盤矯正エクササイズなどをやっていくことで、より骨盤矯正の効果を期待することができます。

骨盤ベルトと運動の関係

骨盤矯正のための運動によっては、骨盤ベルトをしたままのほうがより効果を得やすい場合があります。
骨盤矯正のためのエクササイズでは、骨盤回しもよく用いられています。
足を肩幅に開き、腰を左右に大きく回していくというのが、骨盤回しの主な内容です。

ウエストのくびれを得るために腰を回すこともあり、その場合は上半身に若干の動きを加えることもあります。
一方で骨盤回しの場合は、上半身はなるべく起こしたままにしておくことが理想です。
あくまでも骨盤回しなので、それを意識して行っていきましょう。

お出かけも楽しくなる骨盤ガードル

産後の体型変化で、出かけるのが億劫になってしまうこともあるでしょう。
しかし骨盤ガードルがあれば、すぐにボディメイクを行っていただけますから、運動の効果が表れてくるのを待つまでもなくボディラインを整えることができるのです。

補正下着の市場でもさまざまな商品が発売されていますが、履くだけで太ももの隙間が得られる補正下着はめずらしいかもしれません。
ビューティーシルエットであればそれが可能です。
もちろん効果には個人差があるのですが、実際にビューティーシルエットで太ももの隙間を実感できた方もいらっしゃいます。
これはとても嬉しい特徴と言えるでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ