骨盤とO脚との関係

骨盤は背骨に繋がっていますから、骨盤のゆがみで猫背になることは多くの方がご存知です。
しかし実は、それだけでなく、O脚も骨盤のゆがみが原因だとご存知でしょうか。
O脚などの脚の形は遺伝だと諦めてはいけません。
骨盤は上半身と下半身を支える体のバランスを司る大切な器官のため、
これがゆがんでしまうとその他の骨や筋肉も異常をきたしてしまうのです。
具体的には、骨盤がゆがんでしまうとまず姿勢・歩き方が悪くなります。
それが毎日24時間続くのですから、悪いクセはしっかり体に染みこみます。
そうすると使う筋肉が本来とは別の部分になってしまい、位置がおかしくなってしまいます。
筋肉の位置がずれ、骨がずれ、最終的にはO脚へと変わってしまうのです。
実は遺伝なんかではなく、自分自身でO脚になるよう過ごしてしまっていたのですね。
ちなみに骨盤のゆがみの原因のひとつに「あぐらをかく」ことが
挙げられます。
このポーズにより、骨盤は開いてしまって特にO脚になりやすい体型づくりを招いてしまいますので要注意です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ