産後の骨盤

骨盤は背骨とつながる、上半身を支える大事な骨です。
妊娠すると、お腹が大きくなったことで関節がゆるみだします。
姿勢も変化してしまい、重心がずれていき、骨盤はゆがんでしまいます。
出産した時には女性の骨盤は最大にまで広がります。
なぜなら、骨盤がそのままの大きさでは、赤ちゃんがお腹から出てこれないほど狭いからです。
そのため妊娠初期からリラキシンという成分を分泌させて、女性の体は
出産時には骨盤や全身の靭帯をゆるめて出産に備えるのです。
しかしその後(産後)は自然と元に戻ることはありません。
特に産後の授乳期間で姿勢が悪かったりするとさらに骨盤のゆがみを
悪化させますから絶対に注意しましょう。
カギは出産直後からの骨盤ケアです。
骨盤ストレッチだけでなく、ベルトなどの矯正グッズも併用して、キレイな体型を取り戻せるように準備しましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ